カブ(HA02)キャブをPC20に交換 

カブ90(HA02)のキャブを交換した際の記録です。

前回の「ボトムリンク周りOHとFサスペンション交換」が無事完了し、しばらくはカブを堪能していたのですが、ある時からまた異変に気付きました。

ガソリンが減る・・・・

通勤で駅までの距離(時間にして4・5分の距離)しか乗らないのに、1週間しか持たない!

リッター100km走ると噂のあのカブがそんなはずは・・・

「もしや!ガソリン抜かれてない!?」と本気で疑いました。

知っている方は燃料キャップに鍵があるので「それは無い」と思うかもしれませんが、実は筆者のカブは買った当初からキャップのカギが壊れた状態だったため、パテ埋めしてしまっておりカギは付いていません。地面にもガソリンの漏れた後が無い様子だったのがさらに疑いを加速させていました。

ですが、徐々に地面にシミができ始めたことで、「あっ!」っとなりキャブを見るとガソリンが水滴のように、今にも垂れそうになっていました。

はい!1週間かけて徐々に地球に吸われておりました。疑ってすみませんでした!

OH確定です。

ガソリン漏れが発生した原因

思い返せば心当たりがありました。

購入時の点検・修理でキャブを開けての清掃も行っていたのですが、清掃にキャブクリーナーを使っておりました。

ゴムパッキンはキャブクリーナーに浸けるとフニャフニャになってしまうので、浸けてはダメと分かっていたのに・・・トイレから帰ってきたら浸かっておりました。

意味が分かりません。

部品を交換する予定もなかったので、購入もしておらず仕方なくそのまま付けておりました。

浸かっていたゴムパッキンを乾かしたらなんか使えそうだったんだもん。使うじゃん!

みんなはちゃんと交換してね。

キャブのOHか交換か

OHもしくはビックキャブに交換か悩みましたが「こんなチャンス??はない」と思い、後者を選択しました。

3万円・・・

PC20(ケーヒンのビックキャブ)

こちらのセットを購入しました。痛手の出費ですが週一でガソリンを入れるよりマシです。

・・・欲望に負けたことは内緒。

キャブのみの販売もありますが、下記理由からセットを購入しました。

  • 純正マニホールドでは径が小さいため、大きい径のマニホが欲しかったこと
  • カブ純正(BP16)はガソリンコックがキャブについているので、別のコックが必要だったこと

径の大きいマニホールドに関しては、結局のところシリンダーヘッドで穴が小さくなってしまうため、効率が悪くなりそうなのが嫌で「JUN製のマニホールド(ノーマルヘッド用)」を買い直しております。

ちなみに筆者は純正エアクリ、純正マフラーを利用したまま取り付けております。

キャブ調整

筆者のメインジェットは85番でした。

カブ90のメインジェットは排ガス規制により年式によって番手が違います。

  • 規制前:85番
  • 規制後:82番

PC20での調整

結果から言えば、メインジェット85番のまま変えておりません。

一応メインジェットセットは用意しておいて、調整した結果85番のまま変化がなかったという事です。

78~85番

88~95番

POINT

エアクリーナーやマフラーを交換している方は、ほぼ必要になるかと思いますので、セッティングできるように用意しておきましょう。

筆者の場合エアクリ、マフラーがノーマルという事もあってか、85番で調子が良かったのでそのままにしています。

よく考えれば、

  • 吸入量を決めるのは、エアクリ側の径で
  • 排出量はマフラー側の径

なのでキャブだけを変えたとしても、空気流量の変化は殆どないのだと思います。まあ、キャブは「良い混合気」を作るための機械ですからね。

POINT

キャブの口径が大きくなれば空気流量の最大値が上昇します。ですので、エアクリとマフラーを変えてあげれば、キャブに最大値の空気流量を送り込むことができ、結果的にパワーが上がります。
空気流量が多くなれば燃料が足りなくなるので「メインジェットの調整が必要になる」という事ですね。

他のカブオーナーの記事なども参考に調べていたのですが「PC20に変えたからといってメインジェットが必ずしも上がる訳ではない」という検証結果を出している方もいたのも理由の一つです。むしろその方はメインジェットを82番に下げていたかと思います。

規制前後で85番・82番と違いますから、大きく外れなければ多少アバウトでも問題ないのかもしれません。

POINT

番数一つ違いで同じように調子がいい場合は、濃い方のメインジェットを選ぶことで焼き付き防止になります。

PC20へ交換後の感想

まず明らかに違かったのがエンジンが回ること。

ご存知の通り、カブにタコメーターは着いておりませんが股間に感じるパワー(振動)が違います。

もちろん、アクセルを開けた時の「前に進もうとする力(トルク)」も明らかに増えているのが体感出来ました。

昔、NS-1に乗っていた時もビックキャブに交換し事がありますが「キャブ交換するだけでこんなに変わるんだっけ!?」と改めて感動してしまいました。

そのぐらいの変化があります。

部品MEMO

HA02は純正キャブ「PB16」が付いています。

部品NO.と部品名称の調べ方

画像の「C90DS」は筆者のカブの年式表記で1995年式の車両となります。

車両名・型式などの情報を元にウェビックからパーツリストを確認しています。部品No.から部品注文も注文も可能です。互換品を探す場合も部品No.が分かると探しやすいのでおすすめです。

POINT

古い車両は部品がなく注文できないものもありますが、パーツリストだけでも有益な情報なので、活用しましょう!

今回使用した道具・部品

キャブの調整に一つあると便利

PB16(純正キャブ)のOH用パッキン

まとめ

高校生の時にバイクにハマってから10年以上バイクのカスタムから離れておりましたが、効果を身をもって感じられるチューンはやっぱり面白いですね。

今回の記事では、カブ90(HA02)のキャブ交換に関する記録でした。

経緯

  • ガソリンの消費が異常に早いことに気付き、キャブOHの必要性を検討。
  • キャブクリーナーを使った清掃の際、ゴムパッキンに損傷が生じ、ガソリン漏れの原因となった。
  • キャブの交換を決定。

ガソリン漏れの原因

  • キャブクリーナーに浸したゴムパッキンがフニャフニャになり、ガソリン漏れを引き起こした。

部品の入手

  • ビックキャブセットを購入し、JUNマニホールド取り付け。

キャブ調整

  • 検証の結果純正と同じ番手で調子も良かった85番に決定

PC20へ交換後の感想

  • エンジン回転数が向上し、トルク感が増加、加速力がアップ
  • キャブ交換だけで大幅な変化を感じ、違いに感動。

4miniオーナーの参考になれば幸いです。

この後も、色々と問題が・・・では、また別記事で!

この記事を書いた人

ノリン

釣り好き、バイク好きの元整備士で、現在SE?をしていることから、勉強にもなるだろうと思いサイトを運営しています。
釣り歴は5年ですが、調べ物が大得意でいくつもの資料で調べた情報と少ない経験を執筆しています。
また、元整備士でホンダ カブ90にも乗っているので、バイクの修理・改造についての記事も執筆しています。
プロフィール詳細を見る
一覧へ戻る