カブ(HA02)【ミニモト】SPクラシックマフラーに交換

ついに来ました。マフラー交換でございます。

バイクに乗っていたら、誰もが交換したいであろうパーツ! マフラーについに手を付けてしまいました。

勘違いしてほしくないのは、筆者はカブの純正マフラーが大好きという事。

  • 純正のフォルム!
  • ジェントルな音!
  • 意外と良い抜け(年式による)

というところで、カブに限っては純正マフラーを超える物は存在しないと考えている筆者です。

特にフォルムは長さ、太さ、エンド部の絞り具合に至るまで絶妙なバランスで作り上げられており、出来ることなら、純正の見た目のまま抜けを少し向上させるような加工をして取付たいと思うほどです。

ちなみに「抜けを少し向上させるような加工」と言っても、筆者はただドリルで穴を開けるような加工をするつもりはありません。この加工については、今はまだ構想の話なので作業をしたらまた記事を書こうと思います。

という事で、純正マフラーの加工をするにも外しておかなければ作業できませんし、社外マフラーの音も、もちろん好きなので交換するにしました。

SPクラシックマフラーに交換後の感想

マフラー交換自体は30分も掛からずに終了、ポン付けなので簡単な作業です。(取付方法は後記)

ミニモトの商品説明では、

SPクラシックマフラーはスリート走行を前提に、走りの楽しさを加速させる究極のストリートマフラーです。流行りを求めないベーシックなマフラーデザインを追求し、シンプルなスタイルでありながら確かな性能を発揮し、あらゆるレベルのユーザーにお薦めするマフラーです。ステンレス製バフ仕上げのエキゾーストパイプ、サイレンサーを採用。サイレンサーと同素材を使用したMade in Jajapnを刻んだエンブレムバッジはハイスペックマフラーを控えめにアピールします。
テスト走行を繰り返し完成させた完成度の高いマフラーは49~124ccエンジン対応でエンジン性能を何なく発揮します。

ミニモト 商品説明より

とのことでした。

性能の変化

見た目からも想像がつきますが、

  • マフラー長が20㎝位は短くなっている。
  • エキパイ部が純正よりも一回り程太くなっている。

という事から、純正に比べて高回転寄りの特性に変化しているのは間違いない。

POINT

特性の変化
マフラー交換=スピードUPと考える人もいるかもしれないが「マフラー交換=スピードUP(最高速UP)は特性が高回転型に変化したことによる恩恵」ととらえるのが正しい表現です。
マフラー交換する ⇒ 排気の抜けが良くなる ⇒ より高回転まで回る ⇒ ギア比が同じならより高回転の方がスピードが出る、となる
高回転を回すためのパワーがあることが前提にはなるが、ギア比が同じなら1万回転よりも2万回転の方がスピードが速いという話。
逆に、マフラー交換で高回転型の特性に変化したことにより、発進時など低回転でのトルクは間違いなく犠牲になっているはずだ。
バイクをチューンする時は自分の使用用途をイメージし「特性の変化」を考えるとバランスを取りやすくなるのでおすすめです。 街乗り重視:信号待ちなどでSTOP&GOが多く、低回転のトルクが出る特性にする サーキット:常に高回転で走るため、より高回転でパワーが出る特性にする など、極端な例ですが参考まで。

そんなことを考えながら取付を行い、実際に乗ってみると。

回る!想像以上に回る!

きもちいぃぃぃぃぃ!

タコメーターが付いていないので具体的な説明できないのが残念でですが、体感でも回転の伸びと高回転域でのレスポンスが良いことが明らかな変化として感じ取ることが出来ました。

カブのスピードメーターで説明すると

純正

純正マフラーでは、2速アクセル全開で引っ張ると「2」と書いてある付近でピークパワーを迎え、回転数が伸びずらくなり、頑張れば60km表示くらいまで引っ張れるような感じ。

頑張ればという表現が曖昧だが、便秘でウンを出したいのに出せず、顔を真っ赤にしてリキんでいる様子がまさにドンピシャのイメージではないだろうか。

SPクラシック

きもちいぃぃぃぃぃ!

・・・失礼。つい感情が出てしまった。

純正では「2」と書いてある付近でピークパワーを迎えている感覚があったが、60km表示までスッと行ってしまった。これには驚いた、いや感動すらあったかもしれません。マフラー一本でここまで変わるかと!

ただし、マフラーを変えたことによる特性の変化はPOINTに前述した通りで、特性が高回転型に振れただけなので抜けが良くなったことにより発進時などのトルクは気持ち薄くなったように感じます。

とは言っても97㏄へのボアアップもしておりますので、気持ち程度トルク薄くなったかなぁ?というぐらいです。

それよりも、高回転まで噴け上がる気持ちよさの方が勝るため、運転している時はトルクの無さなんて忘れてしまいます。その位気持ち良いです。

音を言葉で表現するのは難しいですが、アイドリング時は「ドコドコドコドコ」と歯切れよく鼓動を打つ感じに聞こえる。

少しアクセルを煽ると「ドゥルルルン」という野太い音の中にバッフルから抜ける時の音だろうか「パスッパスッ」という音がまじりあって、力強い音に感じる。「パスッパスッ」という表現が適切か分からないが、嫌な音ではない。

2速3速の時、低回転からアクセルを開けるとトラックのような「パタパタパタパタ」という音も良い!

格安マフラーに多いのですが、直管のようにアイドリングで「ポヨンポヨン」や「パインパイン」といった音やアクセルを開けた時に「バババババ」とうるさいだけの下品な音ではないことは確かである。

良き!

フォルム

エンド部はメガホンタイプの形状、エキパイも余計な曲がり(ブレーキペダルの逃げなど)も無くストレート形状で、よくあるアップタイプのマフラーと比べてもかなりスッキリとした印象。

マフラー名に「クラシック」とあるように、取り付けた際のフォルムにはどこか懐かしいレトロ感が漂うようにも感じる。

この形状、好みである!(だから、買ったんだが)

純正マフラーと比較すると

  • マフラー長が20㎝位は短くなっている。
  • エキパイ部が純正よりも一回り程太くなっている。
  • メガホン部は純正よりも細身に感じる。

純正形状が1番と思っている筆者にとっても、クラシック感がある形状と取り付けた際のフォルムやなんといってもカブというバイクの形を崩さない外観はとても素晴らしい出来に感じます。

ブラボー!

これを選んだ自分をほめたいと思う!

  • クラシックタイプのマフラーを探している。
  • 純正に近いマフラーを探している。
  • 外観をスッキリとさせたい

このような方は、是非とも一度付けていただきたいマフラーです。

マフラー取付

工具さえあれば、作業時間は30分かからずに出来ると思う。

マフラーのガスケットは付属部品として付いているので追加購入の必要はありませんでした。

マフラー取付に使われているボルト・ナットは下記なので、合わせた工具を用意しておこう。

  • 10㎜:マフラーフランジ
  • 17㎜:マフラーステー(車体側)
  • 12㎜:マフラーステー(マフラー側)

交換の流れとしては、

  1. 純正マフラーを外す
  2. 純正マフラーからマフラーステーを外す
  3. PSクラシックにマフラーステーを仮止め
  4. マフラーステーを車体に仮止めしつつ、フランジ部分も仮止め
  5. バランス良く本締めしていき完成
SPクラシックに純正マフラーステーを取り付けている図
注意!

純正のマフラーステーを使用しますので、無い場合は中古などで準備しておく必要があります。
加工が得意な方は、ホームセンターなどで汎用のステーを購入しても取付できると思います。(自己責任)

SPクラシックマフラー内容物のご紹介

内容物は

  • 取扱説明書 1枚
  • エアバッフル19Φ 1ヶ(88cc~106ccボアアップ車向け)
  • フランジ六角ナットM8 1ヶ
  • 平ワッシャーM8 (大) 1ヶ
  • マフラーガスケット 1ヶ
  • 六角リナットM6 フランジ用 2ヶ

純正マフラーからの変更であれば、取付部品はすべて付属されていますので、そのままポン付け可能です。

注意!

純正のマフラーステーを使用しますので、無い場合は中古などで準備しておく必要があります。
加工が得意な方は、ホームセンターなどで汎用のステーを購入しても取付できると思います。(自己責任)

バッフルは16Φ、19Φ、22Φが有り、マフラーを買うと19Φが標準付属されています。排気量や好みで16Φ、22Φを試してみるのも良いですね!

おまけの付属品

タイミングが良かったのかもしれませんが可愛いミニタオルが付いていましたよ!

試乗中にまさかの出来事

いつもいつもなぜでしょう!?漏れなく不具合が出てしまうのは・・・

マフラー取り付け後、気持ち良くアクセルを開けて走ったところ、いきなりその瞬間は訪れました。

マフラーが変わったことに興奮しながら、高回転を回した後に信号待ちをしました。

信号が青に変わり、アクセルを開けて走り出したのですが、吹けない。

「えっなんでーー??」おっきい声で独り言を言ってしまいました。

マフラーを変えてから10分程度の出来事です・・・

スピードを出そうとアクセルを開けても、回転が上がらず、何とか3速まで持って行っても40km程度しか出ません。

原因を探そうと、バイクから降りてエンジン音を聞いてみるとヘッドの辺りから「タッタッタッタ」と言う音が!

ん?なんかタペット音うるさくない?

となりました。もしやタペットの調整ネジが緩んだか?と、いうところまであたりはつけたのですが、まだ確認作業はしておりません。

とほほ

調整で治ると良いのですが、最悪またヘッド交換か!?

エンジンが吹けない原因【追記】

エンジンが吹けない原因が分かりました!

やはり、吸気側のタペットが緩んでクリアランスが8mmぐらいになってました!爆

いきなり緩むことは考えにくいので、マフラー交換前から緩みがあったのでしょう。

緩んでいるところに、マフラー交換して調子に乗った筆者がエンジンをぶん回したことによりタペットの緩みが加速したに違いありません!

ヘッドを交換してから300kmぐらいは走っていおりました。

バルブスプリングが馴染んでタペット調整しないといけないなと思っていたので、ある意味丁度良かったかもしれません。

ついでに排気側も調整(0.05mm)しましたが、前回調整時には入らなかった0.07mmのシックネスゲージが入るようになっていました。

ちなみにカブのバルブクリアランスは

IN側/EX側、共に0.05mm(±0.02)となります。

皆さんもたまにで良いので、気にしてみると良いかもしれませんね。

では、また!

マフラーを写真で比較

この記事を書いた人

ノリン

釣り好き、バイク好きの元整備士で、現在SE?をしていることから、勉強にもなるだろうと思いサイトを運営しています。
釣り歴は5年ですが、調べ物が大得意でいくつもの資料で調べた情報と少ない経験を執筆しています。
また、元整備士でホンダ カブ90にも乗っているので、バイクの修理・改造についての記事も執筆しています。
プロフィール詳細を見る
一覧へ戻る